テラル フロースイッチ サギノミヤ EQS-0365-100-0

google ADS

給水ポンプユニットに付属するフロースイッチを分解してみます。

※部品の取替えについてはメーカーへご相談ください。部品の販売はWEBショップにて定価販売をしております。
※部品メーカー(サギノミヤ)へのお問い合わせはご遠慮ください。ポンプに付属する部品はポンプメーカーで取扱しています。
※本記事は分解を推奨するものではありません。分解したものを再使用することで、感電・火災などを起こす場合もありますので分解はしないようにしてください。

フロースイッチとは

今回分解するものは給水ポンプユニット テラル AX-65PCL403-52.2W(約15年前)の製品に付帯する部品です。
フロースイッチは水流が10L/min以下になるとスイッチが作動しポンプ停止の準備をするための部品として使用されています。

メーカー名
サギノミヤ
型番
EQS-0365-100-0

SAGInoMIYA EQS-0365-100-0 外観

取り付け状態

給水ポンプユニットの吐出し側の合流部先に設置されています。
サギノミヤ EQS-0365-100-0

サギノミヤ EQS-0365-100-0

配管内に水流検知用のパドルが見えます。
フロースイッチ パドル

外観

サギノミヤ EQS-0365-100-0

サギノミヤ EQS-0365-100-0

サギノミヤ EQS-0365-100-0
腐食により錆こぶができています。

基板接続用コネクター

コネクタ

パドル

パドルを外すと動作用の磁石が見えます。
磁石

サギノミヤ EQS-0365-100-0 パドル

パドルに連動して磁石が動きます。
AV9X3909_2

上面カバー取外し

サギノミヤ EQS-0365-100-0 カバー内部

フロー方向表記

フロー方向表記
プラグ

リードスイッチ

リードスイッチ

沖電気製 RA-105

リードスイッチ OKI RA-105

水流が無い時はOFF、水流があるとき(磁石が近づいたとき)ONのスイッチです。

まとめ

この部品自体はパドル部分とリードスイッチの部屋が分離されてますので水漏れ事故は少ないと思います。
給水ポンプユニット自体が年数も古く部品がないものもありますので修理ではなくポンプユニット全体の更新をお勧めします。
現行品の給水ポンプユニットでは小形のフロースイッチが使用されています。

※本記事は分解を推奨するものではありません。分解したものを再使用することで、感電・火災などを起こす場合もありますので分解はしないようにしてください。

VN:F [1.9.22_1171]

記事の評価をどうぞ(該当する星をクリックすると投票になります)

Rating: 10.0/10 (1 vote cast)
テラル フロースイッチ サギノミヤ EQS-0365-100-0, 10.0 out of 10 based on 1 rating

google ADS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA