荏原製作所 40UIRMD52.2用制御盤 IRA22.2S

google ADS

 荏原製作所 40UIRMD52.2 減圧弁制御 給水ポンプユニット制御盤について。1988年頃のモデルです

諸元

形式
40UIRMD52.2
ポンプ
40MDP352.2
給水量-全揚程
180L/min-42m 250L/min-32m
運転方式
2台 単独交互運転
制御方式
減圧弁一定圧制御
電源
三相200V 50Hz
電動機出力
2.2kW

外観

正面

40UIRMD52.2 制御盤 IRA22.2S
電源・ポンプ1号・ポンプ2号の表示、自動・試験と号機切換えスイッチのみのシンプルなものです。

側面

IRA22.2S側面ヒンジ

IRA22.2Sロック

制御盤 銘板

制御盤 銘板 IRA22.2S

配置図

IRA22.2S 制御 結線図

制御盤内

荏原製作所 IRA22.2S 制御盤内
マグネットスイッチは交換され新しいものが付いています。

制御基板

荏原製作所 IRA22.2S 制御基板
制御基板KP10の上に液面ユニットKP12が載っています。

KP10 制御基板

EBARA KP10
センサー・スイッチ及び運転表示用の端子が付きます。

KP12 液面ユニット

液面ユニットEBARA KP12
ポンプ故障・満減水警報・電極配線の端子が付きます。

KP11R 操作基板

EBARA KP11R
KP10とフラットケーブルで接続されます。

まとめ

 20年以上前の制御盤です。操作もシンプルでスイッチが二つと操作電源のみ。KP10の接続図の通りフロースイッチの有無、スイッチの切り替え、リレーの取付などで何通りかのパターンの運用ができるようになっていました。

VN:F [1.9.22_1171]

記事の評価をどうぞ(該当する星をクリックすると投票になります)

Rating: 7.3/10 (3 votes cast)
荏原製作所 40UIRMD52.2用制御盤 IRA22.2S, 7.3 out of 10 based on 3 ratings

google ADS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA